泉沢光雄×大野季楽 夢のコラボレーション

『マリアの月』の衝撃的なストーリーとともに注目されるのが、美麗な装丁デザイン。カバーデザインはもちろん、カバーをはずした時に現れる表紙や、扉デザインにいたるまで細部にわたって丁寧に造り込まれ、それ自体がひとつの造形作品であるといっても過言ではない。完成度の高い『マリアの月』の装丁は、書店の店頭でも一際輝いている。

それもそのはず、この装丁デザインは、装丁作家の泉沢光雄と人形作家の大野季楽という夢のコラボレーションで実現した奇跡の逸品なのだ。

maria_cover_l01.jpg


泉沢光雄は、綿矢りさ、浅田次郎、東野圭吾、北方健三、高杉良、笹本稜平、花村満月、藤沢周平、村山由佳、志水辰夫、垣根涼介、朱川湊人、唯川恵 他多数の有名作品を手がけ、芥川賞・直木賞始め主要文学賞受賞作品・ベストセラー作品の装丁を飾り、装丁作家・グラフィックデザイナーとして常に時代の最先端を疾走している。

2003年には、三上洸のデビュー作『アリスの夜』の装丁を手がけ、その耽美と残酷の相半ばする特異な作品世界を見事に視覚化した。三上洸の作品世界をもっとも早くから理解している人物である。

大野季楽は、1974年、集英社少女漫画誌で最優秀新人賞を獲得し少女漫画家としてデビュー、さらに大手企業の広告・CM・イラストレーションをも手がけるいう多彩なキャリアを持つ。94年には堀佳子に師事して人形制作を開始、96年には橋姫に師事してビスクドールの制作を本格的に開始した。

大野季楽の制作する危ういまでに美しい人形たちはKIRA DOLLと呼ばれ、芸術的に極めて高い評価を受けている。02年、写真家リウ・ミセキによる写真集撮影のためにビスクドールの故郷、フランスに渡ったKIRA DOLLたちは「どうして日本人がこれ(我々のビスクドール)を、ここまで完成させることができるのか」とパリの人々を驚嘆させた。大野季楽が世界でも屈指の人形作家であることを象徴するエピソードである。

今回の『マリアの月』装丁制作にあたっては、大野季楽自らが撮影も担当し、その多才ぶりを発揮していることも特筆すべき点だ。三上作品を手がけるのは二度目となる泉沢光雄も、前作との共通要素を残しつつ、新たにKIRA DOLLという最高の素材を得て、さらに作品世界との一体感を高めることに成功している。

二人の鬼才によって生み出された、最高の美術作品と言えるこの装丁は、もはや『マリアの月』の作品世界を構成する重要な一部となって切り離せない。工業製品のように粗製濫造される無機質な本が氾濫する中、蔵書の喜びを感じさせてくれる今や貴重な一冊である。
 
                                                          
(敬称略)

大野季楽氏、公式ブログで『マリアの月』について語る

『マリアの月』のカバーと表紙を飾った人形作家の大野季楽氏が、公式ブログで『マリアの月』装丁制作についての感想を語っている。

http://kiradoll.exblog.jp/6822255/

リウ・ミセキ氏撮影の写真集をはじめ、多くのアーチストとセッションを繰り広げてきた大野季楽氏にとっても、今回の泉沢光雄氏とのコラボレーションは新鮮なものだったようだ。記事中では、著者・三上洸とのメール交換の一部も紹介され、本作が小説家と人形作家、装丁作家の共同作業でできあがった立体的な芸術作品であることがうかがえる。大野氏は、現在新たな写真集の制作に取りかかっており、長崎、静岡など各地でロケを行っている。2月末という新写真集の刊行が楽しみである。

●大野季楽公式ブログ『ひとりごと』  http://kiradoll.exblog.jp/

『装丁倶楽部』に掲載!

『マリアの月』の装丁が『装丁倶楽部』に掲載された。『装丁倶楽部』は、すぐれた装丁デザインを持つ書籍ばかりを収集する”ビジュアル系”書評ブログで、日刊ココログガイドでもオススメブログとしてピックアップされている。

■装丁倶楽部
http://souteikurabu.cocolog-nifty.com/blog/
■掲載ページ
http://souteikurabu.cocolog-nifty.com/blog/2007/12/post_9b40.html



『マリアの月』
三上 洸
四六判上製
ISBN:978-4334925857
2007年11月20日発売
定価2,205円(税込)
>>友人に知らせる
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。